栃木県内の高校に殺害を予告する脅迫文 警戒しながら通常通りの活動

栃木県内の高校に殺害を予告する脅迫文 警戒しながら通常通りの活動

24日、栃木県内の高校に生徒らの殺害を予告する文書がファクスで届いていたことが、県教育委員会などへの取材で分かりました。

 脅迫文が届いたのは、県内の公立高校59校と私立高校14校の合わせて73校です。県教育委員会などによりますと、文書には特定の弁護士を名乗り「2つの口座に300万円ずつ送金しろ。本日13時34分までに振り込まなければ、改造銃や火炎瓶で殺しまくってやる」などと書かれていたということです。

 すでに警察に通報していて、ファクスが届いた高校では不審物や不審者に警戒をしながら通常通りの活動を行ったということです。

 同じようなファクスは24日、埼玉や神奈川など全国各地の高校にも届いたということです。